ソファー GOUCH ALBERO X BAR420 ブラック
ソファー GOUCH ALBERO X BAR420 ブラック
鏡面仕上げのアクリル塗装
鏡面風仕上げにするために、硬くて通常使用しているニレ材よりも木目が少ないブナ材を使用。ウレタン塗装の仕上げに使うよりも目の細かいペーパーを使って、筋ができないように研磨。何度も重ね塗り・研磨を繰り返して肉厚な塗装に仕上げることで、高級感がでます。肉厚の為、乾燥にも人一倍時間がかかりますがこの乾燥も手を抜けない工程の一つ。2,3日間かけてしっかりと乾燥させなくてはその後の組立で傷がついてしまいます。
強度を要求される脚部分なので、組立時には、傷防止にウエスを巻いたゴムゲン(ゴム製のトンカチ)で叩き、ハタガネで絞めて隙間ができないようにがっちりと固定しています。

クッション材
背中のクッションは、通常のアルベロと大幅に仕様変更。ヘタリにくい密度の高いウレタンを贅沢に使用。硬さの違うウレタンを数種類組み合わせて作り上げた形は、腰あたりが良く、柔らかさとホールド感を兼ね揃えたクッションに仕上がっています。
座面のクッションは、通常のアルベロをもとにヘタリにくさを考えて座前の部分に固めのウレタンを追加。座り心地を変えずにより長持ちするクッションになりました。

総革仕様
通常は、本体の背中側など実際に使用時に触れることの少ない部分には、同じ色の合成レザーを使用して単価を抑えています。総革仕様にするためには、本革で取れる大きさに限りがあるため、デザインとしてもおしゃれになるようにハギを増やします。パイピングの部分は通常の革では厚過ぎる為、革メーカーに特別に加工を施して貰ったスキ革を使用。

ソファー GOUCH ALBERO X BAR420 ブラック

GOUCH | BAR420 on Facebook
powered by gram.co
© BAR420 and GOUCH